補助金でお得に窓&ドアリノベ2024

 

補助金を活用して、お得に窓とドアのリフォームをしませんか?

先進的窓リノベ事業では、補助対象期間内に既存住宅の住宅所有者等が、本事業の登録事業者である「窓リノベ事業者」と契約し、窓(ガラス)を交換(断熱改修)するリフォーム工事が対象となります。

2023年の先進的窓リノベ事業では窓リフォームのみが対象でしたが、先進的窓リノベ事業2024ではドアも対象となります!(窓リフォームと同一契約のみ)

 

窓リノベ2023との主な違い

①対象工事に玄関ドアが追加になった(窓改修と同一契約内で行うドア改修が条件)

②外窓交換(カバー工法)の補助額が増額になった(内窓設置は省エネキャンペーン2023と比べて減額)

③令和5年11月2日以降に着工した工事が補助対象(契約日は問わず)

 

補助対象者

〇住宅所有者等※1がリフォーム事業者に工事を発注(工事請負契約※2)して実施するリフォーム工事

※1 住宅所有者等とは、本事業にてリフォームする住宅の所有者(法人を含む)、居住者又は管理組合・管理組合法人をいいます。

※2 工事請負契約等が結ばれない工事は対象外です。

 

補助対象期間

①令和5年11月2日以降に対象工事※に着手し、令和6年12月31日までに工事が完了するもの

②別途定める事業者登録を完了し、令和6年12月31日までに工事が完了するもの

※ 断熱窓への改修を含むリフォーム工事全体をいう。また、工事請負契約後に行われる工事であること。

 

注意!先進的窓リノベ事業(令和4年度補正予算)で補助金の交付を受けた窓は、本事業では補助対象として取り扱われません。

これは交付を受けた補助金を返還した場合であっても同様です。(交付決定後、補助金の振込前に交付申請の取り上げを行った場合を除く。)

 

補助額

補助額は、対象となるリフォーム工事に応じて、下記(1)または(2)における補助額の合計とします。

(1)戸建住宅・低層集合住宅

(2)中高層集合住宅

一戸当たりの上限補助額:2,000,000円

 

・複数回の申請を行う場合でも、一戸あたりの補助額の上限は上に示すとおりとします。

・1申請あたり(1)または(2)の合計補助額が5万円未満の場合は申請できません。

 

窓断熱改修の例

〇内窓設置

既存窓の内側に新たに窓を新設するもの、又は既存の内窓を取り除き新たな内窓に交換するもの

〇外窓交換

古いサッシの枠に重ねて新たなサッシを取り付けるもの(カバー工法)

または古いサッシを枠ごと取外し、新しい断熱窓を取り付けるもの(はつり工法)

〇ガラス交換

既存窓のガラスのみを取り外し、既存枠をそのまま利用して、複層ガラス等に交換するもの

 

補助対象とするドアの改修工事について

〇改修を行う住戸のドア(住宅の外皮部分にある開口部に取り付けられているものに限ります※)を、窓の改修と同一契約内※で断熱性能の高いドアに改修する場合に限り、補助の対象とします。

※ドア単体でのリフォーム・リノベーションは補助対象外となります。ご注意ください。

窓のリフォーム・リノベーションを行うと、色々なメリットがあるのをご存じですか?

①断熱性を高める

②結露を防ぐ

③光熱費削減

④防音・防犯効果が期待できる

 

断熱効果(LIXIL インプラス)

いつもと違う夏と冬(YKKAP樹脂窓 APW430)

断熱リフォームのすすめ

 

ここまで読んでいただいて気になることがある・興味を持った方は、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただいたお客様にしつこい営業連絡は一切いたしませんのでご安心ください。

 

他の補助金との併用

同一の窓・ガラスに対して、重複して国の他の補助制度から補助を受けることはできません。なお、地方公共団体の補助制度については、国費が充当されているものを除き、併用可能です。

 

当ページでは、補助金制度の概要をご紹介しています。交付申請受付前の情報のため、要件等が変更となる場合がございます。ご了承いただけますと幸いです。

その他詳細要件について確認したい方は、環境省公式ホームページをご確認ください。

 

省エネキャンペーン2024公式ホームページ

先進的窓リノベ2024事業公式ホームページ

真行寺建設は、省エネキャンペーン2023に引き続き省エネキャンペーン2024の登録事業者です。

補助金を活用したリフォーム等をご検討されている場合は、お気軽にお問い合わせください。

事業者検索はこちら